グランマ☆ライフ

元ハンドメイド作家のブログ。

使わないうつわで ハイドロカルチャーを愉しむ

f:id:grandmamako:20200727194524j:plain

 

「ベランダで植物を育てたい」

 

以前ベランダ園芸に挫折して ベランダガーデニングに憧れている

グランママ子です。

 

使わない器が何個かあり

捨ててしまうのももったいないので

ハイドロカルチャーに利用してみました。

 

今回は、ハイドロカルチャーの メリットや扱い方のコツ・注意点と ママ子が実際に植え替えをした様子を併せてご紹介いたします。

 

ハイドロカルチャーとは?

 

f:id:grandmamako:20200723104203j:plain

「観葉植物を楽しみたいけれど 土は汚れたり虫がわきそう」

「おうちに土を持ち込みたくない」

という方に 今は土を使わずに育てるハイドロカルチャーがあります。

ハイドロカルチャー

 

ハイドロボールという人工の土を利用して

植物を育てる方法のこと。

 

気軽に観葉植物を楽しめるため 人気の高い栽培方法です。

ハイドロボールは 粘土を高温で焼いて発泡させたもの。 

 

ハイドロボール自体に細かい穴が空いていて 酸素がはいっているので

植物はその酸素とお水を吸収して育ちます。

 

ハイドロカルチャーのメリットと注意点

 

f:id:grandmamako:20200723110746j:plain

 メリット

・ハイドロボールは無菌で清潔なので 虫がほとんど寄ってこない。

・洗って何度でも使える

・ガラスの容器などで育てると お水の量が一目瞭然なので

 水やり管理が簡単です。

・ハイドロボールには水を溜め込む性質があるので

 水やりの頻度も少なく済む。 

注意点

・土栽培に比べて植物の成長スピードが遅い。

・1年に1回 植え替えが必要。

・根から排出された老廃物を分解できないため

 根腐れを起こしやすい。

 

でも根腐れ防止剤(ミリオンAやゼオライト)を敷いてから植えれば大丈夫。

 

ハイドロカルチャーにオススメの植物

 

f:id:grandmamako:20200723124101j:plain

 

日光に当てすぎると 水温が上昇して根が傷みやすくなります。

 そのため 少ないに日光でそだつ

 

テーブルヤシ・ガジュマル・アイビー・カポック・オリヅルラン

ポトス・ゴムの木・モンステラ など

 

耐陰性の植物がおすすめです。

 

ハイドロカルチャーの植え替え

必要な道具と材料

 

f:id:grandmamako:20200721172531j:plain

 

・観葉植物を植える容器(底穴のないもの)

・ハイドロボール

・根腐れ防止剤(ミリオンAやゼオライト)

・栄養剤

・観葉植物

・スコップやピンセットなど

 

道具や材料は、100均(ダイソーなど)でほとんど買いそろえることができます 。

 

植え替えの仕方

 

①植物の根はバケツの水などでやさしく洗い 水耕栽培の根をそだてるため

 細い根は切りおとす。

②容器の底がかくれるくらいに根腐れ防止剤をしく。

f:id:grandmamako:20200721172539j:plain

 

③水洗いしたハイドロボールを 容器の1/3ほど入れる。

④観葉植物を容器の中心に入れ、周りにハイドロボールを追加する。

⑤水を1/41/5くらい与える

 

できればこの時 液体肥料を水でうすめてあげてください。

 

f:id:grandmamako:20200721172543j:plain

 アスパラガス

 

 

f:id:grandmamako:20200721172547j:plain

 サンスベリア・スタッキー

 

管理方法

・コケなどが生えた場合は 見た目も悪くなるので

 洗ってください。

・室内の明るいところで直射日光は避けてください。

・水やりは 完全に中の水が無くなってから 容器の1/4〜1/5くらい 水やりを。

 

f:id:grandmamako:20200721172551j:plain

 

半年に1度は 肥料をあげるとイキイキと育ちます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回ハイドロカルチャーに使った容器は

去年からはじめた陶芸の器たちです。

 

フタをあやまって割ってしまったポットや

大きさが微妙で使いみちのない器を

 

なんとか再利用できないかと考えて 

ハイドロカルチャーにしてみました。

 

容器は 自宅にある

ジャムの瓶やキッチンにあるガラスの保存容器

はたまた 骨董の器なども素敵ですね。

 

緑のある生活は 心癒されるので

興味のある方は

ぜひ お試しください。