グランマ☆ライフ

元ハンドメイド作家のブログ。

ハンドメイド作家をやめて手放したものと 心境の変化

f:id:grandmamako:20200727201243j:plain

 

ECサイトで月25万円

展示会などのイベントで

毎回40万円以上売り上げていました。

(平均年 80万円)

 

元カバン作家で 現在ブロガー主婦の 

チャッピーです。

 

昨年バッグづくりを辞めて ミシンや革漉き機や

あれやこれや手放している最中です。

 

腕ミシンは 信頼できる知人が

自宅で開く教室用にと買いとってくれて

 

f:id:grandmamako:20200727160009j:plain

 

革漉き機は 縁あって

新潟の若者のところへ旅立ちました。

 

f:id:grandmamako:20200727160003j:plain

 

ここでは カバン作家を辞めた経緯と

その後の心境の変化について 書いています。

 

個人的なことですので 

ご興味のない方もいらっしゃると思いますので 

その場合は次の記事へお進みください。

 

  

ミシンを手放す前の心境

 

自分が稼ぐ手段は ミシンしかない 

私の長所を活かせるのは ものづくりしかない

 

そう思い 作り続けていました。

 

f:id:grandmamako:20200727162726j:plain

私には 何も残らないのでは、と。

 

いつまでも作り続けているうちに

いろんなお話や道筋が出てきました。

 

あるブランドから コラボのお誘いや

海外ECサイトの代行販売

ショップとの個人契約

 

海外の工場で大量に作り

日本で販売する。

 

が それはもう 私の意思とは関係のない 

楽しそうにない世界が広がっていて

 

いつしか作ることをやめ

立ち止まってしまいました。

 

f:id:grandmamako:20200727162358j:plain
 

 

何かを間違えたのでしょうか。 

私にはわかりません。

 

ただ「ここはもうちがう!」と感じました。

 

 手放せなかった理由 その1

 

15年間も バッグ中心の生活だったせいか

やめると考えると とても 心細くなりました。

  

f:id:grandmamako:20200727155946j:plain  

長年の努力、知識や技術

 

掛けてきたお金

 

f:id:grandmamako:20200727155954j:plain

 

育ててきたブランドスタイル

 

f:id:grandmamako:20200727160013j:plain

  

そして長いおつきあいのお客さまたち。

 

それら15年かけてきたものが  

すべて消えてしまいます。

 

その喪失感がハンパなかったです。

 

f:id:grandmamako:20200727160019j:plain

 

 手放せなかった理由 その2

 

バッグ作家を辞めることに

ちゅうちょした理由は他にも

 

「辞めたあと 何をする?」

 

「作ることをやめたら

収入の手段がたたれてしまう」

 

そんなことも 頭をよぎりました。

 

曲がりなりにも 人様から認めていただいた

バッグ作家としての肩書きが

無くなること。

 

無くなるのであれば 次に私は何をしたら良いのだろうと。

 

そして 個人的な収入がなくなること

それがとても不安でした。

 

やりたいことは何だろうとか

また どうしたら収入を得られるようになるのか

 

ネットを探したって見つかるわけもなく、 

今まで自分の興味あったことや

 

好きなことを全て書き出したりもしましたが

私は自分が何をしたいのか 

どうすれば良いかわからなくなり

 

そのまま数年が経ちました。

 

終わりのタイミングは天赦日でした

 

ところが昨年 教室を開こうとしていた友人から

「ミシンを探している」と連絡が来ました。

 

私ならミシン店に詳しいだろうと あたりをつけて

メールをしてきたようでした。

 

f:id:grandmamako:20200727173525j:plain

 

 

 

その日妹から

「今日は年に数回しかない 『天赦日』

何かをはじめるにはとても良い日だよ」

 

とのメールを読んだばかりでした。

 

天赦日なんて意識をしたこともないのに

知人から ミシンの件でメールがきた時

 

「手放すのは今日なんだ」

 

と なんだか不思議と腑に落ちました。

 

スピリチュアルっぽいと思われるかもしれませんが 

ふだんは論理的思考をたいせつにしてい るママ子です。

 

もちろんその日は彼女にとっても 良い日だったということです。

 

天赦日

てんしゃにち、てんしゃび。には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。

天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

Wikipediaより 

 

 その後 未練が・・・

 

ところが 想像はしていましたが

すさまじい未練が襲いました。

 

f:id:grandmamako:20200727172045j:plain

 

 

知人にゆずることに後悔はなかったのですが 

私の人生のほぼ占めていた

バッグ作家という生活。

 

これからどうしていこう、など

まだ何も決まっていませんでしたし

こんな不安定な中で

 

果たして本当に辞めちゃっていいの?

と。

 

友人の都合で 

しばらく自宅にミシンを置いていたのですが

 

その間 ミシンを手放すのをやめようか

どうしようか グルグル考え

数ヶ月苦しみました。 

 

未練がなくなった瞬間 

 

ところが 「えぇ〜いっ!!いつまでも 

女の腐ったような奴め!!」

と 自分をに活を入れ

 

ミシンを梱包し発送したとたん 

憑き物がおちたように 気持ちが落ち着きました。

 

それからは なんの未練もなく 

次々と 工具や材料など 

手放していけました。

 

f:id:grandmamako:20200727184805j:plain
 

その後の心境の変化

 

次々と手放していくと 

そのたびに心が軽くなりました。

 

家の中でもかなりのスペースを使っていた

機械や材料などのものたちが消え

 

どんどんと空いていくスペースに

新しい風が吹き込むかのように

 

なぜかわからないけど 心に余裕が生まれ

これからきっと 何かに出会える

 

根拠のない期待がふくらみ

今までとは違う

回路がつながった気がします。

 

 

 

f:id:grandmamako:20200727151441j:plain

 

もちろん、

バッグ作家をやってきてよかったと

いまは心からそう思います。 

 

ブログをまた書き始めたこと

 

最近気付いたのですが 指をはじめとする

関節のあちこちが 痛んでいました。

 

リウマチなのか、ちょっとまだわかりませんが

10年以上前から そういえば痛かったのだけど

 

無視してがんばってきちゃったな

と 思います。

 

バッグづくりをやめるのに

ちょうどよい ころ合いだったのだと思います。

 

そして

体は年をとり 体力はもともとない私が

 

いまだに何かないかしら 

今の自分にできることは何かな?

と いつも考え探しています。 

 

そしてミシンを売ってしばらくしたある日

 

そういえば

ここ数年 放置しているけど

 

13年ほど続いたブログが他にあったなぁと

思い出しました。 

 

私は知り得たことを 人に紹介したり

アウトプットすることが好きだったので

そんなに長く続けてこられたと思います。

 

せっかくなので ブログをすべて一新して

イチからはじめてみました。

 

f:id:grandmamako:20200727151445j:plain

 

それが この

グランマ☆ライフ です。

 

 

あとがき・・お礼

 

私個人の経験談ですが

思い切って重い荷物を捨てたおかげで

前進したように思います。

 

サビた歯車が やっと動いた感じでした。

 

今ではいろいろなアイディアが浮かび 

不思議と不安がなく また以前のような

力がみなぎるのを感じています。

 

せっかく長年 ハンドメイド作家を続けてきたのだから

これからハンドメイド作家を目指す人にも

 

お役に立つ情報を

何か発信できたらと考えています。

 

個人的なことを ここまで読んでくださり

ありがとうございました。

 

これからも 見知った知識や

自分の考えなど

 

拙い文章ではありますが 

発信してまいりますので

 

これからも よろしくお願いします。

 

 

 

関連記事はこちら

www.grandma-life.com

  

f:id:grandmamako:20200727185127j:plain

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日のランチ