グランマ☆ライフ

元ハンドメイド作家のブログ。

ハンドメイドの作り方を聞かれたときの対処法おしえます

ハンドメイドの作り方を聞いてくる人の対処法

 

辛口オバタリアンのブラックチャッピーです。

 

ハンドメイド作家をしていた頃

 

「どのように作っているのか知りたい」

 

「この素材はどちらで購入されたのでしょうか?」

 

「参考にした本は?」

 

のような メールを

いただくことがありました。

 

 <こちらの記事は読むのに7分くらいかかります>

 

「なんだか嫌だなぁ」(と思いつつも)

 

「私って心が狭いのかなぁ」

 

「断わるのは心苦しいけど、何て返信しようか」

 

など 心の葛藤と

そして 返信の文面に悩んで

よけいな時間がかかったりしましました。

 

15年間 こういった

 

・作り方を聞いてくる人

・仕入れ先を聞いてくる人

 

など聞いてくる人を対応してきて

チャッピーの結論は 

 

 

「スルー」

 

 

することが

理にかなって 良い方法だと思うに至りました。

 

 

・そんなことをして 大丈夫?

・やはり良心が痛むよ・・・

 

でも大丈夫です。

いままでこの対応で

クレームがきたことは一度もありません。

 

またクレームが来たところで

どうってことない理由があります。

 

それでもやはり

 

・返信もしないなんて 良心がいたむよ・・・

 

といった方向けにも

返信テンプレートをご用意いたしました。

(テンプレート:丸パク歓迎!)

 

こちらでは

 

・なぜ「スルー」でいいの?を深掘り

・相手を不快にさせない メールのサンプル

 

を載せています。

 

読み終わりましたら 心軽やかに

制作にはげんでください。

 

 

Chappie profile

 

ハンドメイド作家を15年経験

 

月売り上げ 25万以上

 

年8日間 都内外のギャラリーで毎年平均 

 

80万以上売り上げ実績があります。

 

また自宅工房で

 

バッグやがま口のワークショップを開催。

 

他にもウェブサイトの立ち上げ、

 

写真撮影やポスターやチラシ、

 

DM制作などの実務経験もあります。

  

 

ハンドメイドの作り方や仕入れ先を聞いてくる人 

作り方を聞いてくる人たちの特徴

 

「こんにちは

こちらのがま口はどちらで仕入れたのでしょうか」

 

「はじめまして。〇〇の作品は

 どう作っているのでしょうか」

 

たいていはこんな 気軽な短いメールがきます。

自己紹介はありませんし

もちろん 自社ショップ名・ブランド名は伏せたまま。

 

想像したくとも

その方は ハンドメイドをしている方で

資材の仕入れ先を知りたいのか

 

作品を真似て作りたいのか

 

はたまた 作品の金額の妥当性を知りたくて

原価を調べたいお客様なのか

 

作り方が解らないから教えて欲しい。

 

いったい どうゆう意図を持って

メールをしてきたのかが

わかりません。

 

なんども言いますが

こういったメールをくださる方で

 

「私は〇〇の〇〇です」と

名乗った方はだれひとり おりませんでした。

 

またこちらから

おしえられない旨を

時間をかけて練った 丁寧な文章をおくっても

  

そのメールに対して

返信をしてくださった方も おりません。

 

 

対処法 その1

 

15年間 対応してきて

ある決断をしました。

 

そういった方達に対する

とっておきの対処法は

 

 

「スルー」

 

 

です。

 

スルーで良いのはなぜ?

 

まず 時間の無駄です。

(ここ重要です)

ハンドメイド作家にとって 時間はとても大切なものです。

 

それが販売に結びつくものなら

よいでしょう。

 

でも 質問してくる方で

購入を検討している人はほぼ皆無です。

 

またビジネスに結びつく なんてことも

ありえないでしょう。

 

ハンドメイド作家は 時給がもらえるアルバイトと違い

作らなければ お金になりません。

 

名前も名乗らず、教えをこう相手に敬意を示さず

メールに返信すらしない方達に

 

作品制作のための貴重な時間をさく

必要はありません。

 

  

作家にとって 作り方・仕入れ先は財産です。

 

作家にとって 作り方・仕入れ先は

コツコツと時間をかけて探し回った

いわば 財産です。

 

 

往復の交通費や 途中の飲食代

サンプル集めにかかる費用。

そして荷物をかかえ、あちこち移動する労力。

 

素材は 実際に使ってみて 

つかい心地や品質のよし悪しの判断

 

また夜な夜な ネットで階層深くまでもぐりこんで

まだだれも見つけていない金具を探し

 

注文して吟味したり

 

と言った事柄がふくまれます。

 

作り方とは

クリエィティブな発想と工夫の連続。

 

長年試行錯誤をかさねた

財産です。

 

 

 

1個目制作した時より

10個制作した頃には より良いものになっていて

気づいたコツやポイントの改良で 

 

作品がやっと完成します。

 

どうしてそんな大切なこと

タダで教えてくれると思うのでしょうか。

 

ハンドメイドスクールに通い 

ざっと100万円以上使って技術を習得したり

 

ある作家さんは

ルイヴィトンの中古のバッグを 数万円出して買ってきて

分解して勉強した人もいます。

 

知るということは お金がかかります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

以前

 

「どんな本を参考にされていますか」

 

だなんて(うふっ・笑) 

 

 

 

たわけ者!!

 

 

 

仮にも ものづくりをする

クリエイターやアーティストの端くれなら

 

自分で探してくるのが

その道の第一歩ですよ。

 

人からあたえられるが当たり前に育った

あなたはひとりっ子ですか?

(わが家の息子比)

 

 

時間をたくさんかけ 労力をたくさんかけ

お金もたくさんかけて

 

先輩方は

やっとここまで来たのですよ。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

時間がかかる 探す手間ははしょって 

できるだけ簡単に 最短距離で

完成品に到達したい。

 

その気持ちも分からないではありませんが

そんなひとは 

 

 

「なまけもの」

 

 

です。

ごめんなさいね。

キツイ言い方で。

 

 

作家に対する尊敬の念もにじませながら

おずおずと 

丁寧に尋ねてこられる方もいらっしゃいます。

 

(たいていは名乗らず 

 やはり どこの馬の骨かわからないのですが)

 

普段もご自身なりに

丁寧に生きている方なんだと思います。

 

でもこういった方々も

 

我々はスルーして良いです。

 

 

「ちくしょう!

質問しているのに返信して来ないなんて

非常識だ!」

 

(おまえがな)

 

「ちょっとぐらい教えてくれたっていいじゃない・ケチ」

 

(ヤバイよその考え方はマジで)

 

で良いのです。

基本。

 

非常識な人には非常識に

失礼な人には失礼に対応して

 

ほぼ かまいません。

 

どうせネットの世界。

どこかで悪口言われても

こちらまでは聞こえませんし

 

類は友を呼ぶ。

 

非常識かつ失礼なひとは

お仲間も同類で固まっています。

 

どうでしょうか。

 

以上のような見解で

すこしは作家諸氏のこころを

 

軽くすることができたのではないかと

思います。

 

レッツ スルー!

 

とはいえ みなさん

私のような心臓の持ち主ばかりではないでしょう。

 

なので 「対処法 その2」で

丸パクして良い 返信メールの

テンプレートを用意しました。

 

対処法 その2

作り方を聞いてくる方へのメール 

 

 はじめまして。

〇〇(ブランドorショップ名)の制作およびデザインをしております

〇〇 〇〇(本名or作家名)と申します。

 

この度はお問い合わせいただきまして 

誠にありがとうございました。

 

作品の作り方についてのご質問ですが

 

自己流で長年 試行錯誤をくりかえし

完成させたものですので

お教えすることはできかねます。

 

どうかご理解の上

ご了承ください。

 

お買い上げを検討されるうえで

ご不明な点などございましたら お知らせくださいますよう

どうぞ よろしくお願いいたします。

 

またのご縁を

心よりお待ちしております。

 

〇〇 〇〇(ショップ名 苗字)

 

仕入れ先を聞いてくるケース

 

はじめまして。

〇〇(ブランドorショップ名)の制作およびデザインをしております

〇〇 〇〇(本名or作家名)と申します。

 

この度はお問い合わせいただきまして 

誠にありがとうございました。

 

仕入れ先についてのご質問ですが

仕入先(メーカー)や仕入値については

契約した販売店様にのみ お伝えしておりますのでご理解ください。

 

お買い上げを検討されるうえで

ご不明な点などございましたら お知らせくださいますよう

どうぞ よろしくお願いいたします。

 

またのご縁を

心よりお待ちしております。

 

〇〇 〇〇(ショップ名 苗字)

  

 

では逆に 

作り方や仕入れ先を知りたい方たちへ アドバイス

 

教えを乞うなら まず名前を名乗り

自己紹介からはじめましょう。

それが 尋ねる側のエチケットです。

 

 

情報はタダではない

その人が時間とお金と労力をかけた

財産だと心得ましょう。

 

その人がそれだけ掛けたものに見合うものを

自分が逆に提供できるかどうか。

それができないのなら がまんしましょう。

 

教えてもらえたなら 運が良かった思い

 

教えてくれなくても(スルーされても)

うらまず

自分でコツコツと1から始めましょうね。

 

 

まずは自分の足を使って行動する

わからないことは 自分で調べる。 

 

そうすることによって

作家としてのプライド、自信が

磨かれ強くなっていきます。

 

今 生き残っている作家さんたちは

たぶんみんな そうしてきたと思います。

そして本当はこれが大切。

 

師匠につかず お手本もない

自分ではじめるビジネスなんです。

 

自分が強く かしこく

たくましくなけりゃいけません。

 

私も最初はへなちょこだった。

 

でも 試行錯誤しながら

頑張ってみて。

かならず 立派な作家に育ちます。

 

 

 

 

 

 

と書きましたが これは私の経験から導き出した

世の中にたくさんある答えの中の

一つの見解です。

 

それぞれの皆さんのやり方で

もちろん構いません。

 

またチャッピーはハンドメイド作家ではなくブロガーです。

 

私は自分の知り得た情報を

これからはシェアしていきたい

そんなふうに考えています。

 

ハンドメイド作家をはじめたばかりの方に

すこしでも良い情報を提供できたらと

考え書いています。

 

きつい言葉は愛のムチ。

 

こちらの記事も毎日見直して

読みやすくなるよう

書き直していこうと思います。

 

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました。

 

 

 

 

オススメ記事

 

www.grandma-life.com